ちかまブログ

ファイアーエムブレムやラーメンが好きです。2017サイファ日本一決定戦関東地区予選優勝しました。

7/22 第1回英雄杯

2017年サイファ日本一決定戦で見事3位という成績を収めたクロイさんと、高田馬場のバトロコさんによる東京サイファ個人CS第1回英雄杯が開催されました。昔対戦会もやっていたことだし、これは行くしかないと即エントリーして参戦

微調整を繰り返してきた緑青紫ミカヤで参加。

https://pbs.twimg.com/media/DFVbtldV0AAK3Ra.jpg:large

 

 

今回のレシピ

1c

ミカヤ4

運び手ティアモ4

旧サーリャ3

 

2c

ミカヤ4

 

3c

ミカヤ4

ノノ4

レベッカ4

 

4c

ルフレ女3

ニノ4

ティアモ4

ティーナ3

 

5c

ミカヤ4

エリンシア1

エリウッド4

 

ミカヤを16枚にしてティーナ・ルフレ女を採用、またその分の他のカードの調整を行いました。

最初これはルフレ女2で、どうしてもルフレ女を3枚は取りたくて、ふと思ったのが「4積みカードを3枚積みにしたら12枚だと3種類から4種類に変わる」という小学生並の発想でした。

ティーナやサーリャも複数入れたくて、4枚にするとどうしても無理だったので、この考えにして3枚にして種類数を増やすことにしました。勿論、4枚必須であるかもしれないのは承知の上ですが、見れる範囲を増やしたりティーナでの確定ドローという新たなライブ手段も増えたので、ところどころ4枚積みではない採用をしています。

そこで枚数の変わらなかったティアモセットは、元々枚数の多い青で1cがあり必殺を投げれる可能性を残したかったので8枚採用です。それに伴い、1cサーリャも個人的には欠かせなかったです。1cリヒトだと魔術の紋章でもあるのが強いのですが、ウィニー、早めのビート対策として1~2ターンでティアモ・サーリャを並べるシーンも大いにあり得るので、火力が出やすいサーリャを採用しました。あと僕が暗闇の紋章を捲るのが好きなのもあります。

ルフレ女は疑似ノノのような絆回収も出来るのも強みですが、相手に応じて早い段階から絆を手札に変換することも出来て非常に良かったです。ミカヤだと回避もあってオーブは残しやすく、手札に来た支援Xを落としつつデッキのリフレッシュを早めることが狙えました。ルフレ女・ティーナを4枚積みとした構築も考えてみたいですね

 

対戦のレポへ

1回戦・白黒黄カムイ女

黄色はディアドラ・セリス・ユリアといった絆回復に特化したようなカードでした。その他のカードは極端に早くビートするというわけではないので落ち着いていたらカムイ女が3c→4c黒STにCCして、少し手間取っていました。こちらは最速CCを決め、これをチャンスだと捉えちまちまとミカヤの後ろにニノはじめカードを置き続け、お相手も手札を溜めだしたので一気にフルパンを狙うのかなと思い、4cレオンの畏怖を使われて表になったオーブの4c白カムイ女があるのも承知の上でこちらが先に一気にフルパンしました。勿論次のターンでは4c白にCCされ、3cフェリシアを出撃されニノがスキルで撃破される。その際オーブを割るところでオーブを表にしてしまいフェリシアが見えてしまったので、もう次のスキル撃破もされることを防ぐためにも、オーブを無くそうとフルパンを決行。カムイ女も退避にあったので回避はないと思ったが案の定でした。そのまま殴り切って勝ち。黄色のカードが居座ると面倒だったので、それもあまりなくラッキーでした

 

2回戦・緑紫アイク

天空で1リバ2体撃破という破格のコスパの押しつけを連打されるとかなり厳しいので、天空を貰うことはしょうがないにしても天空と共に出てきた横のユニットの処理は絶対に抑えておきたかったためあまり手札を増やさずにアイク側の枯渇を狙うことにしました。

こちらは最速CC、お相手は4cを引けなかったのが3c→5c→6cで1リバ天空を達成。6cに乗られて天空された時は後ろにルフレ女とティアモを残していたのでティアモでミカヤを下げるのが正解でしたね……。反省

その後はただダメージレースで負けるので、お相手の横の動きを見てからユニットを出撃させ、ミカヤをなんとかして天空を貰わないようにしていました。代表的なのがジルからのイナ、4cエリウッド+ニノ。幸い絆を触るカードは入っていなさそうだったので、お相手の絆側の枯渇を先に待ち、横を処理していったら手札を減るのを待って行きました。ジルイナもエリウッドニノもなんとか2体以上の出撃とミカヤでの攻撃で処理しきれて、アイク側の限界を感じ取った時にフルパンを決行して勝ちました。

そのようなコンセプトにしているのもあるのですが、やはり引いたときに強い・腐りづらいカードが多いと長期戦でもしっかり戦いやすくてミカヤのメリットを最大限享受して勝てた対戦だなあと思いました

 

3回戦・赤単マルス

フォロワーさんだったので、使っているのが英雄王型だと知っていたのは情報でのアドバンテージでした

先行を取れたので、サーリャやティアモを使いひたすらマルスのオーブを削るプランへ。最速ミカヤCCした後、4cマルスは引けていない様子で、ユミナでのライブを使ってでの回収でした。

このタイプのマルスは前回のいきいきでの反省もあり、さっさとオーブを割り切ろうと考えていたので、ルフレ女で早い段階から絆に触ったりと手札を減らさず殴っていきました。ただその後メイでこちらの盤面が一気に焼き尽くされ、手札をやや使ったのを後悔することに。メイはやばいので流石に処理しつつ、マルスを殴っていたらマルスのオーブが1枚になり、次のターンでマルスの攻撃にてコンラートを捲り回収されてしまいました。他にも殴ってもいいユニットはあったので、そこは焦ったかもしれません、反省です。マルス側も殴るパワーは十分あるので、若干日寄ってしまったプレイも見せてしまいました。

お相手の絆も手札も圧迫されているところに3パン決めようとしたらマルスが4枚回避されて次のターンに。コンラートが生き残って天空をめくられお相手の盤面が前衛コンラート、後衛マルスエリス(その他の1cもありました)となりつつこちらの盤面はミカヤだけとなってしまいました。こちらもやたら絆を使ってしまい全裏にしてしまったので、手札がミカヤミカヤティーナティーナの時にルフレ女を引いてしまい、仕方なくティーナ絆置きのティーナ出撃という弱いムーブを見せてしまう。マルス側は手札1枚しかないので、ティーナ→マルスでのコンラート身代わり→撃破→勝ちなさい!でのレベッカ仕込み→ミカヤでの確殺を考えていたところ、お相手のプランが違っていたので身代わりはされずにそのままマルスに殴ったところ、エリウッドが捲れてしまい攻撃が通りました。こちらもデッキはかなり薄く支援30、Xを程よく入れて攻撃に臨めたので期待値は低くなかったのですが少し怖かったです。勝ちました

CCケアのライブとマルスの回収できないターンがややあったのが助かりました……

 

4回戦・青赤リズ

モニターでの中継卓でした。

https://pbs.twimg.com/media/DFUOqZKUwAE5IW0.jpg:large

対面から撮られた写真ですが使っているプレマが不思議なプレマでした

自分は後攻、思えば急いでオーブを削る必要もなかったので1ターン目にはリズに殴らなくて良かったです、シャインのチャンスを増やすというのもあるけど。お互い最速CC、最速3ターンヘンリーCCをくらう。ミカヤの回避が程よく引けていたのでリズの攻撃をそのまま回避しつつ、リズ側でのやっと出てきた横のレナとマリアベルの為に、こちらも初出撃。次のリズの回収も覚悟して横を処理していって、4cティアモを駆使してこちらの盤面維持に徹底。ノノや4cマルス、3cマリアでのリザーブで一度に何枚も回収されつつも、リズ側のオーブもそこまで割っているわけではなかったので、狙いは決めやすくマリアを先に処理し数ターンにわたってノノを確実に処理。1cヘンリーが少し生き残っていたが、いざ3cを引かれた時にCCされたら中々の痛手だったので、もうちょい殴るプランを考えるべきでした。回避しまくったせいでオーブが4枚で暫く残っていたので4cルフレ女で絆を触らずオーブを撃破して手札を増やしたりと、どんどんこちらのペースに持っていき、見極めてフルパンして勝ちました。こちらに良い運がついていたような気はしました

 

予選は全勝! オポの関係で全参加者中2位抜けでした(アイクの方が途中でドロップしたらしい)1位がフォロワーさんだったので悔しいというかなんというか

 

決勝トナメ

ここからはレシピをお互い公開して対戦する形でした

が、前回の高田馬場でのオボロで当たった方に呼ばれて、その方との対戦でした。すごいニコニコしてた

もうレシピは大体把握していたので、変更点をザッと覚えて試合に挑む。後攻でした

5cミカヤはあるのですが他のミカヤもそこまで引けず、低コスは1枚もなかったので、オーブとトップからいい感じに引けることを祈りながらオボロ横の弓や天馬を処理していったら、3cリリーナの紋章で4cオボロを捨てられ、3cマークが出撃してオボロがCCしてそのままフレデリクが出撃するという最悪の3ターン目でした。うぉーんうぉーん

そこでミカヤが4枚くらい手札に来ればいいのですが全く引けず、最速CCするもミカヤの回避足りねえ~~って思いながらマークを処理する、その後もそのまま殴られ無事敗北👼👼👼👼

ご本人も史上稀に見る回り方と仰っていたので、それに合わさり自分の引きの弱さでまあどうしようもなかったのかな……ここまでずっと最速CCできたのでそのツケが回ってきたような感じですね。

 

 

以上で大会は終わり。ベスト16です。

その後は知り合いの試合を観戦をしつつ退場しました。

 

自然とタイトルを「第1回」としていましたが、これはこの素晴らしい環境での対戦会が続いていって欲しい思いがあります。この流れを自分の周辺の地域でいきいき以外にも引き継いでほしいですね……本当にスタッフさん、店員さんはお疲れ様でした。思い切りサイファに打ち込める環境で、非常に楽しかったですし感謝しきれません!

第2回があるか分からないのですが、是非開催されてほしいですし参加してみたいです。

サブイベントのバトルラッシュも盛り上がっていましたし、今回不参加だった方も次回がありましたら参加のご検討を……

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。