ちかまブログ

ファイアーエムブレムやラーメンが好きです。2017サイファ日本一決定戦関東地区予選優勝しました。

12/16 第3回オスティア闘技場

鶴見(電車で30分くらい)で新弾発売直後の対戦会・第3回オスティア闘技場が開催されていたので参加しました。発売直後のためあまり練習する時間が取れなかった為、前日に8時間以上ぶっ続けでサイファをして無理矢理練習時間を確保。充実していましたが帰りは頭がほぼ動きませんでした。

 

使用したデッキは白黒赤カムイ女。こいついっつもカムイ横に別の色混ぜて遊んでんな

当日朝に治癒サクラを3枚買わせて頂きついに4枚揃えました。ありがとうございました。1枚しか持っていない治癒サクラがアイデンティティではなくなってしまいました。治癒強いです!!!!!!!!!!!!

デッキについての解説は特にないです。この前の黄入りカム子の黄を赤にして、残りはカム子によく入っているパーツだと思います。色事故怖いし白黒か白黒青にしましょう。

ちなみに、紫の強化によって緑紫の2色でもパワーが出るようになったミカヤを握りなおすことも考えたのですが、前日にカム子とやって1-3だったのでやめました……強くなっても環境トップに勝てないと使う勇気が出ない……

 

◎対戦レポ

1戦目・赤紫マルス(バッシーさん)

会場が広く卓の間隔が思ったより広かったので、眼鏡をつける。たまたま持ってきていてよかった。

1T目ユベロを置かれるもベルカで撃破できてよかった、おかわり来ず。変にオーブ取らせると必殺絡めたショットが飛んでくるので安全になるまでマルスは殴らずターンを送る。

お互い最速CC、ニノやルーテが出てきた時にしっかり常闇の翼で対処する。お相手のマルスファルシオンを持ったバニラになってる間にサクラやジェニーを起動してリソースを確保しつつ攻撃。絆8にならない限りはしんどい盤面にはならないのが、対マルスで強い要素ですね。そのまま攻撃していって勝利。

余談ですが、単純計算で48枚のデッキから1枚引いたとき、3c以上のカードを12枚採用すると25%、16枚以上だと33%でそのカードになります。ルーテやデューテなど、マルスと相性がいいカードが赤紫軸で増えましたが、採用カードのバランスなどは難しそうですね(赤黒マルス並感)(暗闇の紋章で差を付けろ)。

 

2戦目・紫黄アル(アシーさん)

3cカム子があったので強気に殴っていってもよかったんじゃないかなと思ったけど、1cロイ、ゼフィール、エリウッドの並びが嫌だったので変に殴らずターンを返してしまう(結局ゼフィールは入っていなかったはず)。お互い最速CC、こちらがジェニーミコトサクラと嫌がらせのような後衛を広げていたらジェミー(名称がややこしい)を出されて迫真4+1リバの天罰を使用されるも、幸いリソースはあったので攻撃は続け、3cミルラが出てきた返しにクリムゾンでアル、ミルラの弱体化を図って有利取って勝利。途中、野生のアル捲りが少しでもあったらどうなっていたかはちょっと分からない。運命の紋章でアルを置く余裕を無くすためにももう少し前のめりに仕掛けるべきでした。

 

3戦目・白黒カム子(えあさん)

前日の調整相手の方です!!!!

調整でのカム子ミラーは6勝6敗と実に五分五分の接戦だったので勝敗を決する13戦目となってしまった。

6cは拾うも3c4cが無く、後衛にオフェリアを出撃されオーブを取られてしまう。ミコトで直接後衛を叩きにいったりと必死でなんとか6cCCまではこぎ着けましたが、ライフ確保の為に使ったリソース不足がCCしてから響きます。ジリ貧になりながらもジェニーでオーブ回復をし耐えますが、相手の猛攻が激しく、耐えきれずに敗北。ジェニーでのオーブ回復でジェニーを仕込んでいて、少し欲張ったかなと思いました。前日の調整でやりまくったせいかあまり書くことなし。

 

4戦目・赤紫マルス(so-toさん)

第2回英雄杯に続いてまたしても全国プレマミラー。しかもスリーブも同じトラキアパッケージのものでした。方術マルス改。

自分は後攻で、マルスの後衛にユベロが出されるもまたベルカで処理できて嬉しい。3T目に出撃なしだったので4cマルスは引いていないと判断し、自分のリソースを最大限確保するプランに。マルス側の退避にも4cマルスがなかなか落ちないので6cにCCした瞬間に攻撃開始。4cデューテが2回CCして手札が0になるも、ジェニーによってオーブが回復していてオーブ5-0と不思議な状況に。回収して4cに乗りましたが時は既に遅しでカム子側を処理しきれずこちらが一気に出撃し勝利。あそこまで散々な乗り遅れはあまり見なかった……

 

5戦目・白黒青紫カム子

2回目のミラー。青入りカム子は前日洞窟の大会で殴られて6T目くらいに負けてしまった辛い出来事があったので壁を作りつつ耐えるプランを取る。青入りカム子に先行取れたのは地味に大きい(後述)。3c4cには乗るも6cが引けずにお祈り治癒をするも引けず。でもトップで6c引けて脳汁。お相手は少し遅れて6cにチキ経由でCC。ノノやアリスなどが出てくるも、こちらはジェニーとサクラでひたすら手札を集めて耐えきる。マリアベル・アリス以外の回収手段が無かったのでノノを落ち着いて処理すればいつかは勝てると判断してロングゲームを続ける。予想通り、相手のリソースが尽きたのでこちらが殴り切って勝利。治癒を使ったターンの返しに4cシグレ出されて4cシグレ→4cカム子の順に、前衛に置いたサクラを攻撃してきたけど、こちらが天馬捲って耐えてシグレが必殺もなかったので焦っちゃったのかなあっていう感じですね。治癒によるオーブをさっさと割りたかったんでしょうけど、赤入りにはピンと来なかったんだと思います。こちらとしては一枚手札を捨ててくれたようなものです(6cが引けていたらシグレが撃破されカム子に攻撃通す択が大いに考えられる為)。あと天馬もそこまで入っていなさそうだったので、どっちにせよシグレ投げてまでサクラを撃破する択は分の悪い賭けだったのかもしれません。天馬が多いとしてもその種類が少ないと支援失敗が考えられるので、この辺りは自分も気を付けたいところ。ちなみにサクラを前衛に置いてカム子を逃がしたのは、後攻4Tにチキによる最速CCが考えられるので、それが出来なかった時の為のライフ確保手段。なので青入りカム子相手には特に先行を取りたいですね。

 

予選スイスドローは4-1で決勝トーナメント進出。同じく予選抜けた2人と、1-4してしまった人を慰めるために4人でラーメンを食べる。

 

決勝1戦目・赤黒無マルス(東方の桃園さん)

一番当たりたくないマッチングを引いてしまった。第2回英雄杯みたく赤黒が一番カム子に強く出れるのでは~~~というブーメランが返ってきた。

黒が入っていたのは知っていたので、暗闇をケアするためにベルカを後衛出撃、2T目にはフローラの間に合いましたで出撃。ただ、途中カム子はCCできず、6cも引けなかったので泣きながら1cジェニーのリカバーを使用。弱くはないけど、まあやっぱりコスパが良くない。5TにCCしようとしたら絆全裏・黒の手札がカム子しかない状況。怖かったのでミコトを出して後ろを処理して次のターンに乗る。ただし、返しにはジェニーで必殺札回収されてフルパンされて敗北。暗闇自体は1回しか当たらなかったけど、結局フローラとかを無理矢理使われる状況を作られたのでジリ貧に。やはり赤黒マルスを選んだ第2回英雄杯は正解だったんだ!(

 

そんな感じでオスティア闘技場は終了。決勝に進んだ人たちによるフリーでは、黄赤ナンナ(ありかさん)✕、紫青アメリア(ガルジィさん)〇、白黒無カムイ男(ムツさん)〇でした。まあまあ。

 

64人の参加者によるオスティア闘技場でしたが無事成功したんではないでしょうか。予選のグループ分けもイリア・サカで分けたり、お楽しみ賞をSRヨシュアの性能を模したりとユニークな要素もあって楽しかったです。個人的にはスコアシートが非常に凝っていました(写真撮りたかったけど忘れた)。

最初参加者が30人くらいで停滞していましたが一気に増えて満員に。そのような中、滞りなく運営を行っていた主催のばしぽさんやスタッフの皆さんには感謝です。非常に楽しかったです! この場でお礼申し上げます。

また開催されるようで自分が横浜にいるなら是非参加したいです。次は地区予選ですね、その前に卒論書かないとまずいのですが。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。